女性用バイアグラの効果と副作用

膝を抱える女性

男性用のものでも異性に対して効果が見込めるシルデナフィルのようなバイアグラもありますが、女性用のバイアグラであるラブグラという性的興奮薬も存在しています。
ラブグラを服用することで性的な欲求が増す、男性の陰核と同じような部位であるクリトリスが勃起して性的興奮度が増す、性行為の際の感度が通常時より増すなどといった効果が見込めます。
誰にでも必ず高度な興奮効果が現れるわけではなく個人差がありますが、何も服用していない状況と比べれば性的興奮が増すのはほぼ確実となっています。
女性用バイアグラのメリットとしては気分が乗らないときでも性行為に対して積極的になれる、一度だけでなく連続して性行為を行いたいときに心身共に苦なく複数回の性行為に臨める、普段より強い性的快感を得ることでストレスの解消が図れるなどといったものが挙げられます。
性行為がストレス解消手段であることを自覚している方にとってラブグラを用いた夜の営みは、日常生活を送る上で重要なくらいのストレス解消効果がありますので記憶しておいて損はないと言えるでしょう。
ラブグラの使用方法としては性行為を始める30分から1時間ほど前に服用して、膣内や外陰への血の流れが促されてきたことを自覚したら、または膣内に愛液による潤いが充満してきたことを自覚したら実際の性行為を開始するという流れになります。
とくに食べ合わせや飲み合わせの注意はありませんが、可能ならお酒ではなくお水やお茶などのソフトドリンクで胃の中に流し込むことが推奨されています。
また一度服用したら24時間は使用を控えることも使用上の注意点として挙げられます。また生理中には決して飲まないよう心掛けておいてください。
体質的に合わなかった方の場合、ラブグラの飲用で副作用が生じる可能性があります。
気だるさや発熱、頭痛や吐き気などに加えて陰部に痛みが発生することが有り得ます。
体調不良を感じたら使用を控える、病院に行くなどの対応をとるべきだと言えます。

ラブグラは「媚薬」ではないので勘違いして飲まないで

ラブグラは女性用バイアグラと呼ばれていますが男に使用するのと同じシルデナフィルが含まれています。
シルデナフィルの働きはあくまでも性器周辺の血行がよくなるものであり、いわゆる媚薬などとは異なり性欲を高める効果は実証されていません。
このためラブグラを媚薬と思って使用するのは間違いです。
しかし血行を良くすることにより感度を高めることはできるので、オーガズムに達しやすい体質にすることができます。
これまで生理的にオーガズムに達せられなかった人や、加齢により感度が低下した場合にそれらを取り戻すといった場合には極めて高い効果が期待できるものです。
一方で女性用バイアグラでは男性用のバイアグラとは異なり、見た目の効果がわかりにくいもので、男性用の場合には単に性的興奮を受けるとペニスが勃起するというもので外見的にもわかります。
ラブグラの場合には性的興奮を受けることで愛液の量が増えて濡れやすくなるものになります。
この愛液の量というのは体質もありますし、また生理的に性行為を受け入れないといった場合にも愛液の量は増えません。
このため体質的、また生理的に拒否している場合にはラブグラを服用しても思ったような効果が出ないこともあります。
恋人やパートナーとの信頼関係が十分に維持されている状態でなければラブグラを使用してもオーガズムに達することは難しいと考えるのが妥当です。
また含まれるシルデナフィルは腸から吸収されるため食事の影響を受けます。
空腹時の服用が推奨されており、食後の服用、特に高脂肪の食事のあとに服用しても十分な効果が出ない場合があるので注意が必要です。
また持続時間も5時間程度ですから使用する場合にはタイミングに気を使う必要があります。