バイアグラはジェネリックも有名です

EDに悩む男性

カマグラやカマグラゴールドはバイアグラのジェネリック医薬品です。
これらの薬は勃起不全や勃起障害でもあるEDの改善に有効と言われているもので、バイアグラと同等の有効成分でもあるシルデナフィルが主成分になります。
カマグラやカマグラゴールドはインドの製薬会社がバイアグラと同じ有効成分を用いて製造販売を行っているもので、日本国内では未承認薬になっている関係上、入手する時には個人輸入代行の通販店を利用する必要があります。
ジェネリック医薬品などからもバイアグラよりも安価で入手出来るメリットを持ちます。
カマグラゴールドは、錠剤タイプを初め、コップ1杯の水に錠剤を入れて溶かして飲むもの、ゼリー状タイプ、噛んで服用するチュアブルタイプなどの種類が用意してあります。
これはバイアグラとは異なり飲み方で自分に合ったものを選べるメリットを持っているわけです。
さらに、ゼリー状タイプにはライチやグアバ、キャラメルやラズベリー、キウィにいちじく、グリーンアップルなどのように好みの味を持つ7種類の中から選べるメリットもあります。
お菓子のようなイメージを持つ人も多いかと思われますが。
カマグラゴールドはバイアグラと同じく医薬品になるもの、間違った使い方をすると副作用が強く出てしまうなど危険な状態になる事もあります。
心臓病や高血圧の人などは服用を控える必要があると言われています。
但し、高血圧の場合、血圧コントローンを医薬品で行っている場合には利用が出来るケースもあります。
カマグラやカマグラゴールドは国内では未承認薬であるため購入は通販サイトを利用する必要があります。
血圧が高い人や低い人などはカマグラやバイアグラの有効成分でもあるシルデナフィルの副作用が生じるリスクが高いなどからも、身体の中で何らかの異常を持っている場合には、専門医に相談をしてみて利用の可否を確認した上で通販サイトを使って購入するのがお勧めです。

カマグラがバイアグラよりも安い理由

なぜバイアグラと同じ成分のカマグラ、カマグラゴールドというジェネリックの開発、販売が可能になったのかというと、元々先発品として最初に開発されたバイアグラは開発会社の特許権益を守るために20年以上もの間、他の製薬会社が同成分の薬を開発販売することを禁止していました。
新薬の開発には莫大なコストがかかり、安全性を証明し、効果を実証するためには動物実験や人間に対する治験という多くの実験を繰り返し、研究が何度も行われます。
さらに認可されるまでには多くの手続きも踏まなければなりません。
その開発コストは数百億円とも言われています。
この特許期間が十分に過ぎると、先発薬の特許権益が切れて他社が安価に製造して販売することが可能となります。
カマグラやカマグラゴールドは販売する際に先発品と同じように開発研究費が薬価の中に含まれていません。
インドという国が医薬品製法特許が認められている国ということも関係しています。
成分特許は認められていないので、先発品と完全に同じ製法でなければ問題ないということです。
インドにはジェネリック開発の大手企業があり、国際的な販売を促進しています。
どの国でも医療費の増大は財政を圧迫しているため、カマグラのようなジェネリック薬品を使用することが推奨されているのです。
国際的にもこのような後押しがあることは安心して安全性の高いジェネリック薬品が服用できるということです。
バイアグラは優れたED治療薬ですが、ジェネリック薬品が発売されることによってさらに入手が容易になりました。
ただし、バイアグラと同一成分の薬なので服用に際しての留意点も同様だということに注意をしましょう。
高血圧や心臓病の人は医師に十分相談することが必要です。